2007年12月24日

決戦の夜。

M−1グランプリで全く知らなかった「サンドウィッチマン」が優勝して
彼らのネタで大笑いした私は満足気な顔をしていると
私の横にとっても不服そうな顔をしたリリィが座った。


何か忘れていませんか?


リリィさん、何かご不満でも?

サンドウィッチマン、面白かったと思いますが。。。
もしかして、イケメン「キングコング」西野くんが良かったんですか?

いや、そうでは無いらしい。

リリィが不満に思うこと。それはいったい何だろう。


・・・・あっ!!


リリィさん。
あなたとルルのゴハン忘れてましたわ。


走ることよりも、寝ることよりも
もしかしたら私よりも大好きなゴハンがもらえないなんて
あなたにとっては大問題ですもんねぇ。

ハイハイ。今すぐ用意しますよ。

さて、彼女たちのゴハン。

リリィさんのゴハンは15秒で用意できる。
いつものドライフードとトッピング、そしてビール酵母。
それらを混ぜ混ぜするだけだ。


しかし、ルルさんのゴハンを用意するのには時間がかかる。
そして、毎回ルルとの勝負が待っている。


何故なら、彼女は食べ物の好みがうるさいからだ。


貴婦人ルル。


まず、フードはふやかしてからでないと食べない。

以前にも書いたが、「ゴハン・おやつ」の言葉には敏感に反応するルル。
しかし、実際に食べてみて自分の好みに合わない味だったら、一口だけ食べて残す。
目の前にフードを持っていっても、絶対に食べない。

どの犬種図鑑でもコーギーは大食漢と書いてあることが多いが彼女には当てはまらない。
例え食べたとしても最後の1口だけ残すという謎の行動もある。


本当にコーギーなのか?

その疑問が払拭できないでいる。
足も短い。尻尾も無い。顔もコーギーのように見える。

コギとして、生きる。


しかし・・・本当にコーギーなのか?


今のルルさんのお気に入りゴハンは
フードをふやかして、その上に「牛レバーふりかけ」をかけているものだ。
実はその中にビール酵母を混ぜているのだが、ルルさんはビール酵母の味はあまりお気に召せない。

ふやかしたフードにビール酵母をかけて混ぜずにそのまま渡したら
匂いを嗅いだだけで一口も食べなかった。
いつもと違ったフードの匂いがしたのであろう。

しかしビール酵母は皮膚病にとても良い効能があると聞いている。
アトピー性皮膚炎のルルにはどうしても摂取してもらいたい食べ物だ。

どうにか食べてもらうために、トッピングをすることにした。
それが「牛レバーふりかけ」なのである。

今のところルルとの勝負は勝ち越している。
勝ち越しということは負けたこともあるということだ。
しかし、これは不戦敗といったところだろう。

理由は、ルルのゴハンをリリィが横取りしてしまったからである。
リリィはコーギーらしく「大食漢」だ。
自分のゴハンを食べてもなお食べたりない。
ふと後ろを振り返ると、ルルがゆっくりと食べている。
まだお腹いっぱいじゃない。これは、奪うしかない。

リリィのなかでそんな悪の考えが出たのだろう。

飼い主たちが気づいた時は、ルルが食べているはずのゴハンをしっかりとリリィが食べていた。

ルルも自分のゴハンが強奪されたのにもかかわらず、リリィがむさぼりついている横で寝ていた・・・。


緊張と緩和。


そんなこんなで毎回が勝負のルルのゴハン。

M−1グランプリほどの緊張感はないにせよ、
ルルがご飯を食べだすときの飼い主たちの緊張もなかなかすごいものなのである。
posted by キチ。 at 00:45| 大阪 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ある日の出来事。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。